• Nine-Bees

【緩和的化学療法】

 「緩和ケア」と言うと、多くの方はどのようなイメージを持たれるでしょうか?以前は、がん治療も後半に差し掛かり、薬効が期待通りに現れず、手術もできず、「もう打つ手はありません」「最期は本人の意思で、、、」「今後は、苦しみや痛みをなるべく少なくしてください」みたいな感じでしょうか。

 今は、少し違います。がんと診断された日から、「緩和ケア」を受ける事ができます。例えば、栄養士や心理士、ソーシャルワーカーからのサポート、看護師との相談、もちろん医師との面談も可能です。


「緩和ケアとは、生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者とその家族のクオリティ・オブ・ライフ(QOL:生活の質)を、痛みやその他の身体的・心理社会的・スピリチュアルな問題を早期に見出し的確に評価を行い対応することで、苦痛を予防し和らげることを通して向上させるアプローチである。」

日本緩和医療学会「WHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義(2002)」定訳

 緩和ケアの一つとしての緩和的化学療法を今日は考えてみましょう。根治できないほどがんが進行してしまった場合、手術もできない状況において、主に延命や症状緩和等にもを目的とした化学療法ですが、延命と緩和とは、異なるものです。ただ、上記の定義にもありますように、メリット、デメリットがあります。


 メリットは、時間を確保できるので、病気を受け入れる事ができるようになったり、新薬の開発を待つ事ができたり、本当にそのまま生き長らえてしまう事もあります。


 デメリットは、効果が限定的であったり、QOLを落とししまう可能性もあります。時間的にも経済的にも負担がかかる等です。わかりやすい例で言えば、倦怠感や食欲不振です。ここで、気をつけなければならないのは、その倦怠感や食欲不振が、元々の腫瘍によるものか、治療による限定的なものなのか、という事です。病状憎悪による倦怠感の多くは、るい痩状態を引き起こします。だから、今は治療中で食べられないかもしれないけど、原因が治療によるものであれば、またいつか食べられる日が来る、という可能性が高いです。他にも疼痛や呼吸器疾患等、なかなかわかりつらい症状もありますので、いつも会っている看護師や検査技師にでも尋ねてみると良いと思います。


 つまり、緩和的化学療法というのは、トータル的に大きく患者の生活を含めてケア、サポートしていこうという治療なので、こんな仕事をしているからそういう副作用が出たら困る、とか1日のスケジュールのうち、この時間帯で治療を受けたいとか、コミュニケーションが重要になってきます。


 薬によって、副作用も異なってきますので、その副作用がQOLにどの程度、影響するかきちんと説明を受けて、悔いのない治療を多くの方が受けられる事を願って止みません。

11回の閲覧
Nine-bees_logo-ヨコH.png

​当サイトは、Internet Explorerには対応していません。

Google Chrome 、Firefox、 Safari (バージョン11 以上)、Windows 10 Microsoft Edge に対応しています。

© 2020 Nine-Bees