• Nine-Bees

「新型コロナ 医療とメディアの役割」

星槎大学大学院のオンライン・シンポジウムに参加しました。多くの教授陣、医療従事者、ジャーナリスト等々参加されていて、意義のある討論も行われました。


 「新聞は、毎日のようにコロナ患者数の情報を載せているが、重症者と軽症者の定義が社によって異なっているし、それは都道府県・国との定義も異なっている。コミュニケーションを取り、同じ定義で正確な数字を出す方が良いのではないか。」

 「情報を取得するのに、若い世代はSNSやネット、中年になるとテレビやネット、高齢になるとテレビや新聞、が使われる事が多い。しかし、SNSやネットは、自分と同じような価値観を持つ集団だったり情報源が同じである可能性が高いので、それを全体像だとして信用するのは、正確な情報と言えるだろうか?」


「医療従事者は、個人情報保護の兼ね合いから、どうしてもお話できない内容のものがある。ジレンマを抱えているが、『この医者が話している事は全て正しい』とテレビに出演している同じ医者ばかりを信頼するのは如何なものか。医師の質を上げる教育も大事である。」


「新聞も見出しだけでなく、中身も良く読めば、理解が深まる事がある。なぜ、コロナが流行してトイレットペーパーを皆が買いに走ったのか、全く因果関係は無かったのではないか。」


等々、多くの専門家のお話を伺う事ができました。また、討論会では、地方記者さんの取り組み、コロナへの「差別」と隔離する「区別」とは異なるというお話もありました。

 情報も何が正しいのかわからないので、とにかく多くの情報を集めて、エビデンスをしっかり見て、信用できるものを見極める力を付けて行く、子どもたちに分かる様に説明していく方法を考えていく等、取り組みを続けていく事が大事だという意見もありました。


 私は、ジャーナリストではありませんが、他のジャーナリストの研究会にも所属しています。自分の伝えたい事が、相手にとってどんなに有益であろうとも、伝わらない事にはお話になりません。コロナもずいぶん、分かってきたとは言え、まだまだフワリとした情報で、それぞれ皆が持っているベースも違います。聞き手の持つ情報の量や質の底上げも大事で、そのためには、多くの医療従事者からの現場報告ももっと聞きたいところです。

 cocoaというアプリを入れたり、密な状態を避けたり、手洗いをしっかり行う、わからない事が有れば、主治医の先生にきちんと尋ねる等個人レベルで実施できる小さな事の積み重ねが大事ですよね。また、家族や知人、友人達とコロナについて話して、自分の持つ情報を改めたり、アップデートするのも有効だと思います。


 

ワクチンが実用化されるには、まだ少しかかるようです。きっと、もう少し詳しくコロナの事も分かってくると思います。出来る事をやっていきましょう(^^)

(発信者:⑨)

https://gred.seisa.ac.jp/seminar/

#コロナ #新型コロナ

25回の閲覧
Nine-bees_logo-ヨコH.png

​当サイトは、Internet Explorerには対応していません。

Google Chrome 、Firefox、 Safari (バージョン11 以上)、Windows 10 Microsoft Edge に対応しています。

© 2020 Nine-Bees