• Nine-Bees

「訪問看護」

 訪問看護というのは、「看護師などが居宅を訪問して、主治医の指示や連携により行う看護 (療養上の世話又は必要な診療の補助)です。 病気や障がいがあっても、医療機器を使用しながらでも、居宅で最期まで暮らせるよう に多職種と協働しながら療養生活を支援する」というサービスです。(日本訪問看護財団HPより抜粋)


 大きくは、そのサービスを①医療保険で受ける場合②介護保険で受ける場合、とに区別され、そのどちらかによって相談先が異なります。この①と②の違いは、対象者の年齢が関わってきます。

 ①の場合、現在の主治医若しくはお近くの訪問看護ステーションに相談することになります。

 ②の場合、お住まいの地区の役所、保健所、地域包括支援センター、社会福祉協議会、民生委員、かかりつけの医療機関の地域医療連携室等になります。


 訪問看護ステーションによっては、前職ががん専門の看護師、外来で抗がん剤治療を看護していたメンバーを配置されているところもあり、精神的な部分での相談、食事や栄養の相談も自宅で受けることができます。もちろん、訪問看護は、医師の指示が無いと受ける事は出来ません。


 料金は受けるサービスや保険の種類によって異なります。


 「コロナの影響で、病院へ頻繁に行くのがちょっと怖いけど、相談したい事がある」とか「病院の医師や看護師に尋ねたい事があるけど、忙しそうで尋ねにくい」とか「治療が終わったらできるだけ自宅で過ごしたい」とか様々な思いやお考えがある事と思います。そんな時、相談するところが沢山あるという事を知っていると、何となく気持ち的にも支えになるかなあと思います。また、お住まいの地域の情報を持っているところに相談する事で、得たい情報をより引き出せると考えます(^^)

(発信者:⑨)


#訪問看護

https://www.jvnf.or.jp/homon/homon-1.html

23回の閲覧
Nine-bees_logo-ヨコH.png

​当サイトは、Internet Explorerには対応していません。

Google Chrome 、Firefox、 Safari (バージョン11 以上)、Windows 10 Microsoft Edge に対応しています。

© 2020 Nine-Bees