• Nine-Bees

世界禁煙デーに寄せて

 5月31日は、世界禁煙デーとなっているようです。


 私の職場は禁煙ですし、家庭内にもタバコを吸う人は居ません。周りには、自力で禁煙した方が何人かいます。脳梗塞で麻痺状態となり酒はやめられないからタバコはやめた、とか、マラソンする時楽に走りたいからタバコを辞めた、等々理由は様々です。


 今回は、禁煙のお手伝いが少しできるかもしれない、医療機関における「禁煙外来」についてのお話です。

 

禁煙外来を受診するか場合には、紹介状と予約が必要なところが多いです。紹介状は、以前書き忘れましたが、かかりつけ医は、多くの場合、内科だと思いますので、内科から内科はもちろんのこと、眼科、整形外科、等全ての診療科宛に書いてもらうことができます。禁煙外来宛もオッケーです。

 

 ただ、禁煙外来を保険診療で受けるには、いくつか確認事項があり、禁煙外来受診希望者の年齢や喫煙本数、喫煙歴(年数)、過去に喫煙外来を受診してから1年以上経っている、といったものです。


 次に受診条件ですが、車の運転に規制がかかる、精神疾患がある場合主治医の許可が必要、3か月くらいの通院(全部で5回の通院。初回、2週間後、1か月後、2か月後、3か月後。)が必要です。

 

 費用は、おおよそ4〜6万円、保険診療で受けるとその割合にもよりますが、3割負担で1万2千円〜1万8千円くらいです。

 

 今回のコロナの状況の中でも、肺疾患や喫煙は話題になりました。もし、禁煙外来について、興味があるようでしたら、一度かかりつけの医師や医療相談窓口に相談して、話を聞いてみるのも良いと思います(^^) 

#禁煙外来 #世界禁煙デー #禁煙 #保険診療


(発信者:⑨)

34回の閲覧
Nine-bees_logo-ヨコH.png

​当サイトは、Internet Explorerには対応していません。

Google Chrome 、Firefox、 Safari (バージョン11 以上)、Windows 10 Microsoft Edge に対応しています。

© 2020 Nine-Bees